催眠商法

催眠商法に引っ掛からないで!催眠商法傾向と対策

催眠商法で商品を売る手口に共通する特徴とは何か

催眠商法の手口とは、購買意欲を掻きたてる演出を行い、その気にさせて高額の値が設定された商品を売る手法です。協力者を客に紛れ込ませる手法や、トークで人を引き付ける技術も活用されますが、場の雰囲気を活かして気持ちを高めさせるのも、催眠商法が得意とする特徴です。特に、断るのが苦手な主婦を主なターゲットにし、同年代の人を一つの会場に集める手口を使います。また、取り扱う商品も健康やダイエットといった、女性が好む品物を中心に販売するのが催眠商法です。暴言や圧力で売りつける手口もありますが、多くは計算された方法で行われますし、心から買いたいと思わせる技術が使用されます。言葉選びも催眠商法が得意としますから、安さが強調されていたり、購入出来るチャンスが今だけであるなど、普段よりお得に買えると錯覚します。しかし、後になって冷静になり、市場価格を調べてみると、通常よりも高値で販売されている事が分かります。返品が難しいのも催眠商法なので、巻き込まれない注意が被害から身を守る手段です。これらの悪徳商法に引っ掛かり、返済ができなくなったためにヤミ金業者にお願いする羽目になったという主婦も少なくはありません。そんな人は司法書士や弁護士に相談して正しい解決方法を導き出す事をしなければなりませんね。(闇金被害は司法書士に頼むだけでこんなに簡単に抑えられる!というサイトが結構参考になると思うので一度チェックしてみてください。)

催眠商法とは何であるのかとその対策法

催眠商法とは、チラシや無料の景品などで通行人を会場に誘い込み、巧みな話術で会場内を盛り上げることで冷静な判断を失わせ、高額な商品を買わせるというものです。催眠商法の行われる会場にはサクラも控えていて、会場内を盛り上げます。そうするとその場の雰囲気に飲まれて、買うつもりのない高額な商品を買ってしまいます。こういった手口で行われる催眠商法で売られる商品には高額な羽毛布団や健康食品、アクセサリーなどが挙げられます。契約に応じなかった場合、脅される、暴力を振るわれるなどのケースもあります。催眠商法の対策として、とにかく会場には近づかないということが挙げられます。高額なものが無料というと興奮してしまいがちですが、一旦「何か裏があるのではないか」と冷静に考えるようにします。この他買わされてしまった場合の対策法として、地域の消費相談センターに、クーリングオフの相談をすることが挙げられます。地域全体のための対策として、催眠商法と思われる会場を見つけた場合には、最寄りの警察署や警視庁相談センターに連絡をするようにします。

健康食品の催眠商法について

催眠商法とは、閉め切った会場に高齢者などを集め、日用品などをただ同然で配って雰囲気を盛り上げた後、最終的に高額な商品を契約させる問題商法で、別名SF商法ともいいます。売りつけられる主な商品は健康食品、ふとん、家庭用電気治療器具などです。一旦購入の契約をした後解約をしたい場合、契約書を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフが可能で解約できます。この催眠商法は通常の店舗以外の場所で行う販売行為であり、全て訪問販売の扱いとなるからです。健康食品の場合気をつけなければならないのは、原則として開封して使用してしまった場合クーリング・オフができないことです。ただし書面に「使用するとクーリング・オフできなくなる」という記載がない場合や、販売員から「試しにこの健康食品を食べてみて」などと言われて使用してしまった場合は、開封・使用したあともクーリング・オフができます。催眠商法は暴力や軟禁などでむりやり契約させられることも多く、この場合には消費者契約法で解約できます。問題を感じた場合には消費者センターや警察に相談することが大切です。

催眠商法の被害に遭った時は弁護士に相談を

催眠商法やキャッチセールス、悪質な訪問販売などの被害に遭った時は、泣き寝入りをする必要はありません。弁護士に相談すると、契約を解除して、支払ったお金を取り戻せる可能性が高まります。催眠商法などの被害の相談は、自治体の消費者相談窓口で相談すると弁護士を無料で紹介してもらえます。消費者問題に取り組んでいる弁護士の中には、無料で相談を受け付けている場合もあります。催眠商法の被害者が多数いる場合には、集団訴訟をすることも可能ですので、できるだけ早く弁護士に相談することが大切です。最近は高齢者が悪徳商法に騙されるケースが増えています。認知症の高齢者などは、成年後見制度を利用して、弁護士に成年後見人になってもらうと、悪徳商法や振り込め詐欺などから財産を守ることができます。自分の両親が認知症になった時には弁護士に相談すると、最適な方法で親の財産を守ってもらえます。相続の相談をすることもできますので、親の死後のトラブルを未然に防ぐことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ